その男、武千代

34歳、独身、モッズ系、借りぐらしの崖っぷち。

沖縄旅行 その伍

観光情報が全くない沖縄旅行記の第五弾。怒涛のキャバレークラブ放浪記。沖縄の夜は終わらない。

 

沖縄旅行 その壱 - その男、武千代

沖縄旅行 その弐 - その男、武千代

沖縄旅行 その参 - その男、武千代

沖縄旅行 その四 - その男、武千代

 

1軒目のお店を出ると、再びキャッチのお兄さん達のお出迎え。逃がさないぞ、という強い意志をひしひしと感じます。

約束通りジャンケンで2番目に勝ったお兄さんのお店に案内してもらいます。

 

2軒目:25時30〜

1軒目のお店に比べてだいぶ賑わってる店内。カジュアルな雰囲気のお店。

雨で、平日で、25時過ぎでも盛り上がってるお店に期待が膨らみます。

 

最初に来た女の子達は期待通りとても可愛い2人。スタイルも良いし、そしてノリも良い。完璧じゃないか。東京の、私がたまに行く界隈ではまずお目にかかれないレベルの女の子。街で歩いてたら振向いて二度見してしまうくらいの女の子。

1軒目終わりで謎の「B線宣言」をした同僚がまた静かにならないか心配でしたが、お酒も回ってきたのかテンション高めになっていて一安心。

途中で変わった女の子も2人ともめちゃくちゃ可愛いし、スタイルも良いし、ノリも良い、さらに下ネタにも対応出来る。見つけました、沖縄で、完璧なキャバ嬢、パーフェクトキャバ嬢。

 

美人が苦手なはずの同僚もえげつない下ネタを連発して大いに盛り上がっておりました。

なんだったんだあの「B線宣言」は。

 

 

3軒目:26時30〜

2軒目を出てジャンケンが1番弱かったキャッチのお兄さんのお店に。前の2軒と比べてゴージャス感のあるお店。

 

ゴージャス感と関係があるかはわかりませんが、ここで最初に同僚に付いた女の子がまさかのフランス人とのハーフ。ここまで色々とネタを提供してくれた同僚ですが、ここでも見せてくれました。引きの強さ。

「沖縄のキャバクラでフランス人とのハーフキャバ嬢が付く」

またそういう逸材を引き当てるのがこの夜の同僚。ホントに引きが強い。

私も同僚も「フランス人とのハーフキャバ嬢」と対峙するのは人生初。若干、緊張しながらもこの不思議な状況を楽しみました。

 

そのあと同僚は、途中で変わった女の子のおっぱいがXLサイズで、再びおっぱいと会話していました。自由。

 

 

4軒目:27時30〜

夜も更けてきて、次でラストのお店がほとんどの時間帯に。沖縄の夜を有終の美で終わらせたい我々は作戦会議を実施。

話し合った結果、その夜2人が1番テンション上がった2軒目に再度訪問することに。キャッチのお兄さんをつかまえて、もう一回2軒目に行ったお店に連れて行ってもらいます。

 

お店に入るともう4時近いのにまだまだ盛り上がってる店内。団体客がシャンパン入れて大騒ぎしてるタイミングでした。平日の夜中でこの盛り上がり、沖縄って凄い。

 

再びパーフェクトキャバ嬢達とラストまで楽しくお話しして、朝5時頃に退店。外に出ると空が白んできていました。一晩中飲み歩いて、さすがに疲れた我々はホテルに戻って速攻眠りにつきました。

 

沖縄でキャバレークラブに行ったのは今回が初でしたが、女の子達が変にスレてないしノリも良い、その上みんな可愛い、と言うことなしでした。また行きたいなぁ、と日記を書きながら思いを馳せております。

 

 

 

 

次回、やっと最終回(予定)です。

沖縄旅行 その四

たった1泊2日の沖縄旅行を水増しして、水増しして第四弾。

第一弾、第ニ弾、第三弾はこちら。

 

沖縄旅行 その壱 - その男、武千代

沖縄旅行 その弐 - その男、武千代

沖縄旅行 その参 - その男、武千代

 

職場でのオフィシャルな予定が日付が変わる頃に終了。ここから我々を縛るものはもう何もない。

 

沖縄の夜の幕開けだ。


バーを出て、同僚と2人で沖縄一の飲屋街である松山までタクシーで移動。
タクシーをおりるとキャッチのお兄さん達からの熱烈な歓迎を受ける我々。松山ではキャッチの勢いが凄いのは事前にネットで調べて覚悟してましたがもう想像以上。タクシーを降りた途端に複数のメンズに囲まれる異常事態。怖い。

 

「うちは何の店で、こっちは何の店で、であいつの店はこんなんで…」

って我々がまだ何にも聞いてないのに矢継ぎ早にまくしたててくるキャッチのお兄さん達。連携が凄い。

 

我々の今夜の目的が「キャバレークラブ」だということを伝えると、3人のお兄さんが鼻息荒く立候補。3人とも、鼻息が荒い。早く誰かに決めないとケンカするんじゃないかという勢い。
ケンカになる前に、ジャンケンして勝った人のお店から順番で紹介してもらうことにしました。

我々がキャッチのお兄さん達にオーダーした内容としては、
「沖縄の女性」
「2人で来てるから2人ちゃんと付いてくれること」
とシンプルにこの2点。
どのキャッチのお兄さんも、

「任せてください!」

「ウチは沖縄の子しかいないっすから!」

「ウチは可愛い沖縄の子しかいないっすから!」

「ブスだったらすぐに言ってください!」

と自信満々。ホントかよ、沖縄の可愛い子、松山に集まり過ぎだろ。あとこの子ブスなんでチェンジしてくださいって言いづらいっしよ。

 

1軒目:24時30〜

沖縄の夜、記念すべき1軒目のキャバレークラブ。

お店に入ると雨で平日の夜なのもあってか客の入りもまばらな感じ。

 

最初に我々に付いたら女の子は、まぁ私の方は普通の女の子、まぁ普通。同僚に付いた子はまぁまぁ大きい、体格の良い女性。Mサイズと言うには無理があって、Lですね、Lサイズ。そしておっぱいもLサイズ、いやX Lって言っても過言ではない。

 

2人ともノリの良い子達で、みんなでワイワイ話をしてたんですが、どうも同僚の目線が定まらない。目線の先を追ってみると、隣にあるX Lサイズのおっぱいを凝視してる様子。「女の子と話してる」と言うよりは「おっぱいと話してる」状況。

さすがに女の子も気付いて、おっぱいばかり見ていることについて同僚にツッコむと、

「オフィシャルな場で堂々とおっぱいを凝視していい空間に久しぶりに来てテンションが上がった。」

とのこと。ちょっと発想がヤバい。キャバレークラブを「堂々とおっぱいを凝視していい場」だと思ってる、彼は。

 

しばらくすると女の子が交代する時間に。

私には相変わらず普通目な女の子。そして、同僚にはそのお店でも1番可愛いんじゃなかろうかと思われる女の子が。ギャル系の上位レベルの女の子。

 

私が隣の女の子と話していても、どうも同僚サイドの方からあまり話し声が聞こえない。気になってチラチラ見ていると、同僚はあまり女の子を見ようとせず、話しかけられても素っ気ない返事を繰り返している様子。若干、挙動もおかしい。

 

さっきまでおっぱい凝視して楽しそうに話していた同僚とはまるで別人のよう。

 

お酒が特別強い同僚でもないため、体調でも悪くなったかと思ってどうしたか聞いてみると、

「あまりに美人過ぎて緊張して、顔が見れないし、上手く話せない。」

とのこと。童貞か、童貞なのか、お前は。そして、さっきまで見たことないくらい楽しそうに話してたおっぱい大きかった子に謝りなさい。

 

そこから、緊張してる同僚をイジって盛り上がっていたら時間が来て1軒目終了。

 

お店を出るとき同僚に美人がついてくれたのにもったいないって話しかけると、

「僕は、美人はあんまり得意じゃないから、ちょっとブスくらいな女の子がいいんです。」

と遠い目をしながら発して、今後の展開への不安をいたずらに煽るのでした。

 

 

沖縄の夜編、続きます。

沖縄旅行 その参

「沖縄旅行記」を書きたいはずなのになかなか沖縄に着かないもどかしさ。タイトルと内容が合ってない日記の第三弾。

 

第一弾と第二弾はこちら。

沖縄旅行 その壱 - その男、武千代

沖縄旅行 その弐 - その男、武千代

いよいよ今回は沖縄編をお届けいたします。

 

 

「沖縄旅行その壱」のラストでも書きましたが、職場のボスは空港にマスタングの赤いオープンカー(左ハンドル)で登場しました。マスタングに職場のメンバー全員は乗れないので、ボスはもう2台、レンタカーを手配していました。

 

BMWのオープンカーとGOLFのオープンカー。

 

まさかのオープンカー縛り。

まさかの外車縛り。(この2台は右ハンドル)

 

ボスってマジでバカなのかな、って不安になる展開。しかもレンタカー屋の名前が、

「セレブレンタカー」

バカだったみたいです、ボス。異論の余地がない。

 

まぁ、私もバカなんで人生初のオープンカーでテンション上がっちゃいまして。

幌をあげて、助手席でDJ武千代は倖田來未の「キューティーハニー」を爆音で流して沖縄の街をかっ飛ばし「最高!フゥー!!」って叫んだりしてオープンカー満喫しちゃったんですけど。

 

その後、街に行く組と、海に行く組で分かれて移動することに。

私は街に行く組。

事前の調査で沖縄の「牧志公設市場」では昼間から飲めるお店があって、しかもコスパが半端なく良いってことで盛り上がってるとのこと。

【沖縄で千円飲み歩き】那覇国際通り近く「公設市場の周辺」を徹底紹介![せんべろ] | SPOT

沖縄旅行では絶対にここに行くと決めておりました。旅行なのに観光もしないで昼間からお酒飲んじゃう贅沢。素敵。

 

オープンカーはホテルの駐車場に預けて牧志公設市場へ。オープンカーの出番は、実質1時間くらいでした。オープンカーの持ち腐れ感が否めない。

 

どのお店も1,000円払うと

「お酒が3杯とおつまみ1皿」

がデフォルト。

パラダイスが沖縄にありました。

 

そんなパラダイスを昼過ぎから3軒ハシゴ、3軒目にはもう泥酔。3千円で泥酔。3千円の破壊力、沖縄だと半端ない。円高が過ぎる。

夕方17時に沖縄旅行1回目のピークを迎えました。

 

牧志公設市場を離れ、一度ホテルに戻り、夜は職場のメンバー全員で集まってご飯だったのでそれまで仮眠。

 

「沖縄旅行その弐」でも書きましたが、寝坊でスタートした今回の旅。案の定、仮眠しても寝過ごす私。

目を覚ますと携帯電話の着信履歴が職場の人から何件も入っててゾッとしました。最終的にフロントからの電話で目覚め、また荷物だけ適当に持って出発。フロントには殺気立ったボスの姿がありました。

 

夕飯はアグー豚のしゃぶしゃぶを食べられるお店へ。

これが絶品で、昼からずっと飲んで食べてを繰り返してお腹が空いてない状態でしたがいくらでも食べられるレベル。しっかり締めの雑炊まで頂きました。

 

その後、職場の有志とバーへ。バーでは引退直前の安室奈美恵のライブ映像が流れていて、安室奈美恵ファンのボスは会話そっちのけでライブに釘付け。

バーのマスターに沖縄で開催してた安室奈美恵展に行った話をしてるボス。

1回500円するガチャを10回くらい回したことを嬉々として話してるボス。

安室奈美恵展でパネルと写真を撮ったことを嬉々として話してるボス。

戸愚呂弟似、身体およそ190cm、コワモテのボスがあんなに楽しそうに喋ってるのを初めて見ました。どんだけ安室奈美恵好きなんだ。

 

小1時間ほどお邪魔して日付が変わる頃、オフィシャルな予定は終了。ここからは自由行動。いよいよここからが本番、沖縄の夜の幕開け。待ち望んだ沖縄の夜。

 

 

次回、沖縄の夜編に続きます。

沖縄旅行 その弐

前回の日記では、東京で繰り広げられた、いい歳した大人による茶番劇の模様をお送りしました。

 

沖縄旅行 その壱 - その男、武千代

 

今回はその続編です。

 

 

前回は沖縄に到着したところまで書きましたが、沖縄上陸前にまだ2つ、東京(と埼玉)で事件がありました。

 

 

1つは、職場の同僚が旅行前日の夜に持病が発症し救急車で搬送され、まさかの当日キャンセル。

前日の昼には、

「沖縄の夜で大フィーバーする」

ちゅらさんと朝まで大フィーバーする」

と私たちと意気込んでいた彼は、参加できなかった。

彼の無念を思うと心が締め付けられました。また同時に、彼の分まで沖縄の夜を楽しまねば、と私たちの心に火が付いた。

我々は彼の屍を越え、

残ったメンバーで沖縄の夜で大フィーバーするんだ、

これは彼の弔い合戦だ、

帰京後、彼の墓標に泡盛をかけてやる、

海ぶどうもかけてやる、

ラフティーもだ、

立派な晩酌だ、

と心に誓い、羽田を発ちました。

 

 

もう1つは、私ごとですが、朝4時30分発の羽田空港行きのバスに乗る予定だったのですが、朝4時20分に目が覚めるというハプニング。

起きてスマホの時間を確認した瞬間、

ッオアァーーァ!ェワァーーー!ー!ッ!!、

って叫びましたもん。

寝起きからあんな大きな声出るんだなって、ショックで一気に喉が開いた。

いやー、流石にこれはもう詰んだな、って思いましたね。もうあと10分でバス出るもん、普段朝の準備に1時間くらいかかるし。沖縄行けねぇな、って。こりゃボスにキレられんな、って。

 

しかしながら、この絶対絶命な状況でもなんとかなるのが私、武千代。一般の人とは旅の経験値が違う。はっきり言って、積んできた経験が違う。量が、質が、一般人のそれを全て上回る。

 

旅のスペシャリストである私は、前日の夜に本当に必要な荷物(コンタクトレンズや着替え等)はそこそこカバンに詰めておりました。荷造りさえ何とかなれば間に合う!と大急ぎで思い付く限りの持ち物をカバンに詰め込み3分程で準備完了。

気が動転してたからか沖縄に行くっていうのに寝間着の上に何故か秋物のロングコートを羽織って全力で駅までダッシュ

異様な光景だったと思います、半袖半ズボンで完全寝巻きの上にロングコート着た男が早朝に全力疾走してるのは。

自分史上最速であったろう全力疾走の甲斐あり何とかバスに間に合い、空港で寝間着から着替えて無事に沖縄へ出発。沖縄旅行中、ロングコートの出番は無く、とてもかさばりました。

 

 

沖縄旅行の日記なのに全然沖縄に着かない。

前回の日記で一回沖縄上陸したのに、また東京に戻るこの日記。

次回は、今度こそ、沖縄編。

 

続きます。

沖縄旅行 その壱

先日、5月に書いた日記でも触れた職場の社員旅行があった。

 

社員旅行に行きたくなくて色々策を練ってみる - その男、武千代

 

5月から約4カ月間、私はずっと行きたくない気持ちを抱え込んだまま過ごしていた。

そして、職場の人達もあまり乗り気でないことが当日が近づくにつれて明るみになっていった、ボス以外。

 

事の発端は職場の成績が7月から急降下したことにある。ビットコインの急下落並みに成績がガタ落ちした。

しかも悪いことに8月もその勢いのまま低空飛行。

これにボスは焦った。

9月もこの調子だと職場の予算達成が危ぶまれる程の急ブレーキ。

ボスは、完全に、焦った。

ただでさえ良い雰囲気ではない職場の雰囲気が、更に悪くなった。

「1番似てる有名人は戸愚呂弟」であるボスからは「低級妖怪なら消滅してしまう程の妖気」が毎日溢れ出していた。

職場の雰囲気は連日のお通夜状態。セレモニーホール勤務かと錯覚するレベル。

そして焦ったボスは我々に発破をかけるために、

 

社員旅行を人質に取った。

 

「この調子だと社員旅行の実施も検討し直さないといけない。」

「正直この成績だと社員旅行に行ってる場合じゃない。」

「社員旅行に行くためにももっとお前達は頑張らないといけない。」

 

ボスはこれらのフレーズを事あるごとに使い始めた。

 

確かにそうだ。2ヶ月続けて成績不振、予算の達成も危ぶまれている。浮かれて旅行に行ってる場合じゃない。私もそう思う。それは職場のメンバー全員も感じていた。

 

ただ、「みんな社員旅行楽しみだろ!?行けないなんて嫌だろ!?」という含みを持ったこのフレーズを何回も聞いていると1つの疑問が浮かんでくる。

 

 

果たして私はそんなに社員旅行に行きたいのか?

 

 

もともと「社員旅行否定派」だった私を含めた数名は初期段階からこの疑問と向き合った。

 

 

ハタシテワタシハソンナニシャインリョコウニイキタイノカ?

 

 

そしてボスが「社員旅行人質発言」を繰り返す度に、「社員旅行穏健派」だったその他のメンバーもこの疑問と向き合うことになり、最終的に職場の世論が、

 

「社員旅行そんなに行きたいわけじゃない。」

 

に行き着いた。

 

こうなると社員旅行は人質としてはもう機能しない。

みんなの心が社員旅行から離れてしまった今、社員旅行には担保価値が無い。その為に頑張れと言われても無理だ。頑張るだけの担保価値が無いのだから。

 

「社員旅行人質発言」を繰り返すボスと、社員旅行への価値を見失った我々の溝は深まるばかり。

更にボスは「社員旅行がホントに無いかもしれない」事に真実味を持たせる為に旅行に関する情報を一切公開しない。フライトの時間すらも。

更に深まる溝。

 

結局、情報が解禁されたのは旅行の2日前。しかも「旅行のしおり」までしっかり作成済み。なんだったんだよ、あの茶番は。フライトの時間は朝6時50分。朝早過ぎだろ。

 

そして旅行当日、沖縄に到着し、レンタカーを取りに行くボス。しばらくして戻ってきたボスが乗っていた車は、

 

 

マスタングの赤いオープンカー。

f:id:automationtakechiyo:20180919152023j:image

 

 

 

楽しみにしてたやん、ボス。絶対にマスタング楽しみにしてたやん。今までの茶番はなんだったんだよ。すげー前から予約してたんでしょ、マスタング

 

マスタングの赤いオープンカーに乗った、戸愚呂弟に似たサングラスをかけて登場したボスを見て、私を含めた職場のメンバーは膝から崩れ落ちました。

 

 

 

 

長くなったので続きます。

モッズ系、ロックンロール帰国子女

私は帰国子女である。

 

高校3年の冬から大学4年まで様々な国を回ってきた。

 

アメリカ、イギリス、オーストラリア等。時にはイスラエル

 

特にイギリスは良かった、1番肌に合ったので、1番長く滞在していた。いつもカッコいいと思えるものはイギリス発信だった気がする。

 

アメリカも良い、西海岸のカラッとした陽気な感じはすごく好きだった。ニューヨークの自由な空気感も素敵だ。

 

オーストラリアは時々、突然変異的に素晴らしいロックンロールが鳴らされる。

 

イスラエルにパンクバンドってあるんだ、って当時は衝撃を受けた。

 

 

そう、全てロックンロールのことです。

全て洋楽の話し。

 

 

私は、「ロックンロール的」な意味でいえば圧倒的に帰国子女なんです。

高校3年の冬から社会人になるまで洋楽しか聞いてなかったし、カラオケ行っても洋楽しか歌わなかった。社会人になり、職場の人とカラオケに行って、歌える歌が一曲も無くて凍りつくくらい邦楽をおざなりにしていた時代。

 

当時、私の狭い世界は完全にイギリス。大学のあった渋谷は日本のイギリス。きっとそう。少なくとも僕の中ではそうだった。

センター街も、宮益坂も、明治通りも、全部気持ち次第でブリティッシュ。スペイン坂だって「スペイン」って付いてるけどもうブリティッシュ

だから私はイギリスからの帰国子女。だから紅茶が好き。

 

 

大学生だった私の関心事は、

「いかにブリティッシュであるか。」

という一点。

 

当時の洋楽はいわゆる「ロックンロールリバイバル」からの流れでUKロックが大流行。

The LibertiesやFranz FerdinandArctic Monkeys、The View、KasabianRazorlightThe Ordinary Boys

挙げ始めたらキリがないくらいUKのロックバンドがロッキンオンで紹介されている時代でした。

 

そんなバンドのCDを片っ端から買い漁り、ロッキンオンだけでなくスヌーザークロスビート買い込み情報を仕入れ、タワレコの視聴機で何時間も視聴して新しいバンドを探して、貴重な大学生というモラトリアム期間を浪費する私。

まだiPodなんかも一般的でない時代、CDウォークマンを常に持ち歩き、CDショップを出たら買ったばかりのCDをウォークマンに入れて聴いて渋谷の街をぶらついて一人ブリティッシュ感を味わう私。

 

もったいない、もっとやることあっただろ、自分よ。

 

その当時、同時期にハマった「鳥肌実」が演説で「モッズ系」というフレーズを使っていたことにより、「ブリティッシュ系」だった私は一気に「モッズ系」に接近し、今日に至ります。

 

モッズ系、34歳、独身。

 

夏場はフレッド・ペリーのポロシャツ、冬場はフレッド・ペリーのモッズコートを着用しています。

 

今後も日本のモッズ界を牽引できるよう、精進して参ります。

「平成最後の夏休み」の前夜祭

「平成最後の夏休み」が終わって、平常運転に戻っております。

 

働くって辛い。

 

夏休み中、ダレにダレ切って、

仕事のことをすっかり忘れて、

ストレスフリーな日々を過ごしたせいか、

仕事のストレスに対する耐性がなくなっている。

 

頭が、体が、働くことを拒否してる。

 

8月一杯は仕事モードに戻るためのリハビリ期間とさせて頂きます。

 

 

 

さて、「平成最後の夏休み」の前日、我々(私と会社の同僚)は浮足立っておりました。

 

これから約1週間は会社に行かなくていい、

仕事と距離を置ける、

戸愚呂弟みたいなボスからの圧力を受けなくて済む、

そう考えると否が応でもテンションが上がります。そうなれば飲みに行くしかない、と。

 

 

平成最後の夏休み前に盛大に飲もう、

前夜祭だ、

祭だ、

一軒で済むはずがない、

何軒もはしごしよう、

はしご酒だ、

金に糸目はつけるな、

この店で一番高い酒を持ってこいって言ってやろう、

そして朝まで飲んでやろう、

途中でどちらかが生き絶えても残った方が朝まで飲むんだ、

屍を越えて行くんだ、

振り返るな、

骨も拾うな、

うちらは馴れ合いの関係じゃないだろ、

高みを目指そう、

そうだ、

我々は更なる高みを目指すんだ。

 

と、互いに互いを鼓舞し、意識を高く持ち、ひとしきり息巻いて飲みに行きました。

 

 

記念すべき一軒目はイカ料理が中心で、特に「イカの刺身」をプッシュしているお店へ。スタートからホッピーで乾杯し、イカ料理を頂きました。

しかし、我々はお店のイチオシである「イカの刺身」は食べませんでした。イカの刺身を頼まない我々を訝しんでいる様子の店員さん。何度かオススメされましたが、断固として注文しませんでした。

我々、パンクスなんで。

 

二軒目はホルモン屋さんに。そこでも我々はホッピースタート。ホッピーとホルモンの相性は最高で、グイグイホッピーを飲んでいきます。

調子に乗ってたくさんホルモンを食べ、たくさんホッピーも飲んでアッパーなテンションになる我々。この辺りから我々のリミッターが完全に外れました。

 

その勢いのまま三件目は同僚行きつけのスナックへ。私も何度か行ったことがあり、アットホームな雰囲気でついつい長居してしまう困ったお店。

もちろんその日も大いに長居をして閉店の時間までお邪魔することに。

 

我々の勢いはとどまらず、一蘭のラーメンを挟み、スナックの女性達ともう一軒飲みに行くことに。

夜中のラーメンというのはどうしてあんなに美味しいのか。少なく見積もっても昼間に食べるラーメンより3割増しで美味い。

 

そして最終的に我々が辿り着いたのはダーツやビリヤードの出来るお店。

そのお店には卓球台があり、長時間飲み過ぎておかしなテンションになってることも相まって明け方3時頃から卓球に興じる我々。しばらくすると同僚はワイシャツを脱ぎ捨て、ベージュのエアリズム姿に。完全な本気モード。

閉店の時間まで本気で卓球をして、お店を出るともう空が明るくなってました。

 

卓球というスポーツはとてもアクティブなスポーツです。決してお酒をたくさん飲んで、明け方に実施するスポーツじゃない。そんなことするとボロボロになる。それはもうボロボロになる。

 

ボロボロになった私は何度も電車を寝過ごし、普段の倍以上の時間をかけて家に帰りました。

「平成最後の夏休み」の記念すべき初日は一日中寝て終わりました。

 

 

これから何をやるにしても

「平成最後の〇〇」

になるので、その度に過激な前夜祭を繰り広げようと考えております。