その男、武千代

34歳、独身、モッズ系、借りぐらしの崖っぷち。

「2018年本気の婚活宣言」 その弐

私が2016年、2017年に実施した「本気の婚活」の実態を総括し、

自己批判をし、

婚活革命戦士としてのあるべき姿を見いだし、

2018年の婚活を意義あるものにし、

今年こそ結果にコミットする、

ためのこの日記。

 

「2016年本気の婚活」の総括はこちら↓

「2018年本気の婚活宣言」 その壱 - その男、武千代

 

本日は「2017年本気の婚活」を総括して参ります。

 

【「2017年本気の婚活」総括】

 

結果から申し上げると2017年は特定の女性とお付き合いすることなく、

手数はそれなりに打ったものの全く結果にコミットせず、

なんの成果もあげる事の出来ない1年でした。

 

完全なスランプ。

しかも通年スランプ。

 

 

上半期序盤は出会い系アプリに注力するものの、ほとんど成果が上がらず途中から婚活との距離を置き始める始末。

 

 

下半期は突然、

 

「結婚出来ないのはそもそも出会いが少ないからだ!」

 

と思い立った結果、

出会いを求めネットやテレビで話題になっていた「相席ラウンジ」に活路を見いだすことに。

これが新たな地獄の始まりでした。

 

私単身で乗り込む勇気はなく、うっすら婚活中の大学時代の先輩を巻き込むことにしました。

 

2人で2017年10月からほぼ毎週相席ラウンジに行くルーティン。

 

池袋、新宿、渋谷と転々とし、

 

「相席ラウンジのあるところに我らあり!」

 

と言っても過言ではないくらい通いつめました。

 

 

しかし、スランプ中の私のせいなのか一向に成果を残せず、いたずらに時間を浪費する我々。

 

 

回を重ねるごとに我々は相席ラウンジに疲弊し、

もはやこの先どうしたらいいのか、

何が正解で不正解なのか、

かくも難しきものだったのか男女交際とは、

と打ちのめされ、途方に暮れる日々。

 

 

その後も我々は心と体を奮い立たせ年末まで粘り、

 

 

渋谷の相席ラウンジで知り合った女性と二次会で新宿二丁目のゲイバー初体験、

 

大晦日に新宿の相席屋で知り合った女性と年またぎ、

 

 

というおよそ成果とも言えない成果を残し、

 

2017年を相席屋で終え、

2018年を相席屋で迎えることになりました。

 

 

まさか相席ラウンジルーティンを始めたときに、

相席屋で年をまたぐことになるなんて思いもしませんでした。

 

まさに地獄。

 

婚活地獄の中でもがき苦しんだ2017年でした。

 

 

以上、

【「2017年本気の婚活」総括】

をお送りしました。

 

 

総括していると辛い気持ちになるので今日はここまでにさせて下さい。

 

明日は、明日こそは、

【「2018年本気の婚活」野望篇】

を発表したいと思います。