その男、武千代

34歳、独身、モッズ系、借りぐらしの崖っぷち。

そのゲームの名は「駅メモ」という

私はかつてスマホゲームの類にはハマらない人間であった。

 

昔テレビのCMでバンバン宣伝してるようなゲームをダウンロードしてみたが1ヶ月もしないうちにやめてしまった。

 

元々そんなにゲームが好きな人間でもないし、基本的に単調な工程が多いスマホゲームはすぐに飽きてしまう。

 

レベル上げるのに単純な作業を繰り返したり、

強いキャラ出すためにガチャ引いたり、

ガチャ引くのに課金したり、

キャラを強くするアイテムを手に入れるためにガチャ引いたり、

ガチャ引くのに課金したり、

毎日欠かさずログインしたり、

ログインしては課金をして、

一度課金をしてしまったら最後、

もう引き返すことの出来ない道への第一歩、

そして課金ユーザー達との終わることのない殺し合い、

無限に広がる殺戮の荒野、

その荒野での殺し合いを制するために強いアイテム・キャラを手に入れるためまたさらなる課金、

課金地獄、

自らのプライベートから私財を投じて嬉々として茨の道を突き進む、

それがスマホゲーム。

恐ろしい。

 

基本、ゲームのアイテムとか実生活で全く役に立たないし、手元にも残らないものにお金を払うって感覚が理解出来なかった。

 

しかもお金払ったって欲しいものが手に入るかわからないなんてとてもナンセンス。

お金の使い道ってもっとたくさんあるでしょ、って思う。

 

 

 

 

 

そんなスマホゲームには死ぬほど懐疑的で、課金なんてする人の気持ちがわからないと豪語していた私が、最近課金するほどハマっているゲームがある。

 

 

 

 

それが「駅メモ」だ。

 

 

 

 

正式名称は、

 

駅メモ!−ステーションメモリーズ!−」

 

というタイトルの中に2回もエクスクラメーションマークの入るイカしたネーミングのゲーム。

 

ゲームの内容は公式ホームページをご参照ください。

駅メモ! - ステーションメモリーズ!- 公式サイト

 

このゲーム、とても簡単に言うと電車に乗って、ボタンを押すと位置情報を使って最寄りの駅にアクセスして、その駅の数だったり、路線の数を増やしてポイントを稼ぐだけ。ただそれだけ。

 

私は電オタではないので電車に関する知識はほとんどない。通勤で電車に乗るくらいしか今までしてこなかった。

 

そんな私が休みの日には乗ったことのない路線を求めて遠出し、1日にアクセス出来る回数を増やすために課金をし、来る日も来る日も「駅メモ」にログインしている。

 

最近では仕事で遠出することがあるとワクワクする、「駅メモ」をしながら移動も出来るし、お給料だってもらえる。遠方に行く用事を自ら創出してる節すらある。

 

 

 

今までハマらなかったスマホゲームにどうしてここまでハマってしまったのだろうか?

 

 

 

新しい駅にアクセスし、アクセスした駅、路線が増えていく様子は私の収集癖をいたずらにくすぐる。

駅メモ」では今までアクセスした駅の数や、路線、都道府県を確認出来る。

この数字が増えていくのがある種の快感なのだ。

 

しかし、この数字は私の実生活では全く役にたたない。完全なる自己満足。

 

 

 

もう一つ、「駅メモ」では駅にアクセスする時に陣取りゲームのように駅の争奪戦が繰り広げられる。

その争奪戦は「でんこ」と呼ばれるキャラクターの強さで決まる。多くの駅にアクセスすれば「でんこ」は強化され有利になる。

 

「でんこ」には攻撃力が高い「でんこ」や、防御力が高い「でんこ」、他の「でんこ」をサポートする「でんこ」と色々と個性がある。複数の「でんこ」を自分なりの組み合わせでパーティーを組み、駅の争奪戦に挑むことになる。

 

そしてこの「でんこ」はゲーム内のガチャでしか手に入らない。

 

もちろん課金しなくてもガチャはひける。

ただそれには何日も何日もログインし続けなければならない。何十日もログインしてやっと一回ガチャが引けるようなレベルである。

 

私は沢山の優れた「でんこ」をすぐさま欲しかった。私の収集癖に火が付いた。

 

優れた「でんこ」を獲得し、育成し、思いつく限りの最高のパーティーを組みたかった。最高のパーティーで駅の争奪戦を勝ち抜きたい。

 

駅の争奪戦を勝ち抜き、たくさんのポイントを獲得し、手持ちの「でんこ」が強くなる、そして強くなった「でんこ」で駅の争奪戦を勝ち抜く、というポジティブなスパイラルに突入するにはどうしても課金が必要なのだ。

 

私は今、「でんこ」を強くするために、駅の争奪戦を勝ち抜くために、課金をしている。

 

しかし、私の「でんこ」が強くなり、駅の争奪戦を勝ち抜くことが出来ても実生活ではなんの役にも立たない。

 

 

 

 

わかっている、「駅メモ」にいくら課金しても私の実生活は豊かになんてならない。

この日記の最初に書いたように、私はスマホゲームの行き着く先をわかっているのだ。

 

ただ、わかっているのにやめられない。

ダメだってわかっているのに課金をしている自分がいる。

 

私は34歳を目前にして、スマホゲームの課金地獄にハマっている。

 

そんな現状が最高に痛々しくて、やるせなくて、嬉々として茨の道を突き進んでる自分が、逆になんかもう最高に清々しくて、愛おしくて、最高に幸せなのです。