その男、武千代

34歳、独身、モッズ系、借りぐらしの崖っぷち。

体調絶不調

認めたくないが、

「風邪」

をひいたような気がしてならない。

 

「病は気から」

と昔から言うように、認めたらホントに風邪をひいてしまいそうなのでまだ認めたくない。

 

ただ体調はここ数日絶不調。

 

木曜日からずっと喉が痛い。

その上、鼻も出る。

少し熱っぽい。

体も、心なしかダルい。

 

いわゆる「風邪」の諸症状が出ている、全部出てる。「風邪」の諸症状の全部のせ。オールインワン。

裏を返せば、諸症状を見る限り、私は「風邪」である。

「A=B」であれば、しからば「B=A」なのである。

 

こうなると言い逃れが出来ない。

私は「風邪」をひいている。

潔く認めるしかない。

 

だからマスクもしているし、

毎朝滋養強壮のためにモンスターの白を飲むし、

龍角散のど飴を食べ、

エスタックイブファインEXを飲んでいる。

 

なんなら今日はそのルーティンに加えてルルの栄養ドリンクまで飲んだ。

 

するとどうだろう。

とてもケミカルなイエローのお小水が止まらない。

とても人間の体から出て来たとは思えないケミカルなイエロー。

 

私の体は今、蝕まれている。

「風邪」と、

「ケミカルな何か」に。

 

もはや「風邪」よりも、「ケミカルな何か」の方が怖い。断然怖い。

 

このままこんな暮らしを続けると、私は色とりどりのお小水を出して、周囲を恐怖のどん底に突き落とすことになる。

 

「ケミカルな何か」が、私のお小水を様々に着色する。

 

「レインボーお小水野郎」というあだ名にされる可能性がある。それか「カラフルお小水ボーイ」、あるいは「技のデパート」。「色彩のブルース」。

 

 

 

 

いいね、

「色彩のブルース」

EGO-WRAPPIN'『色彩のブルース』 - YouTube