その男、武千代

34歳、独身、モッズ系、借りぐらしの崖っぷち。

冷静と情熱のあいだから墓場まで

私は仕事に対してあまり、というか全然興味がないので仕事観とか、仕事に対する姿勢とかを上司と話してると嘘に嘘を重ねて最終的に逆に意識高い系になってしまうことがある。

 

ただ、上司と仕事の話をする時というのは自分自身の仕事が上手くいってない時、色々トラブルが起きてる時が多い。

 

トラブルが起きて上司と仕事観の話をしてるのに無駄に意識高い系の社員とかウザいと思うんですよね、単純に。いや、意識高いならトラブル回避しろよって。私が上司なら思う、その意識の高さ使い所間違ってるぜ、って。

 

ここ数日、仕事で色々とトラブって、もう私の出番がないくらいになってて、上司の上司も出てくるわいよいよ大ごとだなぁなんて思っていたんです。

 

そこで元凶である私と上司の上司が面談したりするわけなんですが、一事が万事こんな感じなんで逆に意識高い系な感じな返事しちゃったりしてもう自分のポジション見失ってる感じで。

 

お客様アングリーだよ、ソーマッチモアアングリーだよ、みたいにな横文字使っちゃいそうになる始末。

 

ソーマッチモアアングリーとか言ったら個人的にはすげー面白いんだけど言えないジレンマ。

本当の自分を隠しながら生きているフラストレーション。高まりますよね。

 

結局、サラリーマンである私は面白味あるより、仕事が出来る方を大事にする社会には馴染まないといけないんだけど。フラストレーションが凄い。もはや無理。面白くないのに頑張れない。面白いことが正義。

 

面白い毎日を送れるように、怒られない程度に仕事する。これこそ真理。私の目指すところ。

 

もうそれでいい。私はそれでいいと思う。

意識が高い系は任せた、君に任せた。ふんだんにリスケしてもらって構わない。お客様にアグリーしてもらえるように頑張ってもらいたい。